2017/7/11

モチベーションをあげよう

夏休みは長いので受験勉強は一生終わらないのではないかと思ってしまいます。しかし、夏休みが終わると学校の授業の予習や文化祭などの行事ごとが重なり1日中勉強することは難しくなります。受験生にとっては長い長い夏休みですが、実は短く貴重な時間だったと受験生期間を振り返りながら感じます。

しかし約40日間の夏休み、集中力が切れてしまう日は当然あります。もしくは、夏休みの模試で思うような結果が出ず、自分には第一志望の大学に行くことは無理かもしれないと落ち込みモチベーションが下がってしまう日もあります。私自身、夏休み直前に受けた模試の結果がとても悪かったため志望校が雲の上の存在に感じ、自分には無理だとモチベーションが下がった時期がありました。

そんなとき私にとって1番大きな気分転換になったのは大学のオープンキャンパスです。ほとんどの大学が夏休みにオープンキャンパスを開催しています。2年生のうちに様々な大学のオープンキャンパスに参加していましたが、3年生の夏休みに本当に行きたい大学のオープンキャンパスに行くことはモチベーションを上げる上で絶大な効果を発揮します

私は落ち込んで勉強に集中できなかった時に思い切って勉強をやめてオープンキャンパスに参加しました。2年生の時は学校の概要を知るために行きましたが、3年生の時はこの大学のこういうところが好きだからやっぱりこの大学に通いたい!だから頑張ろうと動機づけるために行きました

私はオープンキャンパスに行きましたが、通っていた塾の先生はオープンキャンパスではなく第一志望の大学で有名な教授の授業に忍び込んでモチベーションを上げたエピソードを話してくれました。人によってそれぞれモチベーションの上げ方はあると思いますが、第一志望の大学をどうしてもあきらめたくないと思えるような気分転換をすることが夏休みを乗り越え受験に向かって突っ走るために大切だと考えます。

そしてたまには完全な息抜きをすることも大切です。私は1日だけ友達と地元の夏祭りに行く約束をしました。夏祭りは夕方から始まるので朝はしっかり勉強してから思いっきり遊ぶことで罪悪感は少し薄れるので夏休みの息抜きとしてはおすすめです。

夏休みは1日中勉強できる貴重な時間なので、適度な息抜きをはさみながら自分自身の限界に挑戦する良い機会にしましょう!

スタッフ:YUKI

2017年6月より究進塾スタッフ。リアクションの良さや親しみやすい雰囲気で究進塾を和ませてくれています。対応力の高さにもセンスが光る有望株です。大学ではアカペラサークルに所属。ちょっとレアなジャンルのディズニー好きでもあります。

© 2001–2018 究進塾 All Rights Reserved.