2017/8/1

夏の過ごし方・精神面

みなさんこんにちは。私は現在は大学4年生で、就職活動を終えて卒業論文に取り掛かっています。

実践的な勉強法については他の方が書いてくださっていたので、私は「大学生の夏休みをどう過ごすと精神的に良いか」を書いていきたいと思います。

これは大学生に限ったことではないですが、夏休みは意外にも精神状態が不安定になりやすい時期です。つい毎日夜更かししてしまったり生活が不規則になりがちです。また遊びに行く時などどうしても外食ばかりになり、栄養も偏ります。そうした事が積み重なると、無気力になったり、イライラしたりすることが増えます。こうした状態に陥らないために、規則正しい生活を送るようにしてみるといいと思います。人間とは不思議なもので、同じだけ寝ていても早寝早起きするのと、深夜に寝て昼に起きるのとでは翌日の気分やパフォーマンスが全然違います!これは本当です。スポーツの世界でも、いつも首位で輝いているような選手は、規則正しく健康的な生活を送っている人ばかりです(私も見習いたいと常々思っています)。

また、もう一つお伝えしたいのは「夏休みこそ、自分を伸ばす絶好のチャンス」だということです。自分の中で定めた目標を達成する為に、ぜひこの期間を利用してほしいと思います。資格の勉強や留学などはもちろん、学校がある間は中々できなかった新しい趣味に手を付けてみるのも、視野が広がって面白いと思います。

個人的には、運動系のサークルや部活に入っておくのがオススメです。休みの間も適度に運動出来ますし、生活リズムを整える役割も果たしてくれます。また、同期や先輩方と定期的に会って話すことでリフレッシュにもなります。私は学外の武道サークルに所属し、夏休みはほぼ毎日練習をしていました。体力も付きましたし、つい夜更かししがちな自分の生活リズムは朝練によって叩き直されました。そして何より「秋の大会で優勝する」と目標を定め、それに向けて努力していたので、良好な精神状態で夏を過ごすことが出来ました。武道系のサークルは真面目なところが多いので、とてもおすすめです!興味のある方は是非ご相談下さい。

少し話が逸れてしまいましたが、夏休みは学力面であれ精神面であれ、「身の内の財を増やす事のできる期間」だと思います。ちょっとしたことでも良いので何か目標を持つと、有意義な夏を過ごせると思います。自分の中で軸を定めて行動されることを強くオススメします。

皆さんの夏休みが実りあるものになることを願っております。上手くメリハリを付けながら、この時間を満喫して下さい!

スタッフ:MIYU

2015年2月より究進塾スタッフ。いつも礼儀正しく大人っぽい印象ですが、実は隠れ大食漢という素敵なギャップを持っています。大学では合気道サークルに所属。趣味はギター演奏。
 

© 2001–2018 究進塾 All Rights Reserved.