齋藤さん合格インタビュー 1

お名前

齋藤様

合格した大学

東京慈恵会医科大学医学部医学科
日本医科大学医学部医学科
順天堂大学医学部医学科

出身高校

豊島岡女子学園高等学校

受験した年度

2024年度入試

インタビューQ&A

並木:改めまして、この度は合格おめでとうございました。

齋藤様:ありがとうございます。

🔵受講を検討した理由

並木:一番最初に究進塾の受講をされたのは、中1の頃だったと思います。そのときに受講を検討した理由を教えていただけますか。

齋藤:学校の、数学のテストの成績がだいぶ下がってしまって。元々、中学に入る前から医学部を目指していたので、数学でつまずくとやっぱり受験で大変だろうなと思って母に相談して、こちらの塾を探してもらい、入塾しました。

並木:一番最初は、大学生講師の授業を1年ぐらい受けていて、中学2年生の頃から、上田先生が教え始めたと思います。上田先生の体験を受けたときの感想はいかがでしたでしょうか?

齋藤:結構前なので、何を習ったかとかはあんまり覚えてないんですけど、すごくわかりやすかった記憶があります。

並木:だいぶ前ですからね。上田先生も、齋藤さんの授業を一番最初に持ち始めたときの記憶は、あまりないですか。

上田:あります。確か、二次関数をやってた気がします。割と吸収力があるっていうのと、あと、最初だからかもしれないですけどあんまり喋らないっていうか(笑)。

並木:喋らない印象があったんですね。

 

🔵授業を受けて変化は

並木:齋藤さんは上田先生の授業を受け始めてから、すぐに結果が出てきましたか?変化を感じたのはいつ頃でしょうか。

齋藤:とりあえず学校のテストの点数も安定してきて。その頃はまだ模試を受けてなくて、結果が出るのが学校のテストぐらいだったんですけど。

並木:割とすぐ結果が出てきました?

齋藤:すぐだと思います。

🔵上田講師の授業について

並木:上田先生の授業スタイルというのはどんな感じなんですか?

齋藤:最初に授業前テストの確認をしてもらって、宿題の質問をして、時間が余ったら問題をいただいてそれを解く感じで。

並木:その場で演習するんですね。実際受けていて、よかった点は、どういう点でしたか?

齋藤:答えだけじゃなくて、その答えにたどり着くまでのプロセスを教えてもらえたのが、すごく良かったと思っています。
問題集の答えとかを読んでも、解き方が一通りしか載っていないと、自分の解き方がどう違うのかとか、どこがわからないのかが分かりにくいので、そこを見てもらえるのが一番よかったです。

<数学の板書の例:クリックで拡大されます>

並木:受講した科目について、高校の途中までしばらく数学だけで、理科を教わり出したのはいつからなんですか?

齋藤:高2ぐらいだと思います。

上田:物理が高2で、化学が高3でした。

並木:では、高2になってから週2回、高3から週3回の授業になっていたということですね。物理は、上田先生に教わるまでは、学校の授業にはついていけてたんでしょうか。

齋藤:高1のときの物理の先生がわかりやすくて、内容も物理基礎だったので大丈夫だったんですけど、高2になって先生が代わって、やっぱり難しくなってきて。

並木:そこで上田先生に教わり出したんですね。上田先生に教わりだしたら、定期テストで点数が取れるようになりましたか?

齋藤:定期テストは簡単だったのであまり点数は変わってないんですけど、やっぱり模試の点数が上がりました。


Part.1 受講して変化は
Part.2 授業形式の変化
Part.3 習い事と勉強
 合格インタビューに戻る

© 2001–2024 究進塾 All Rights Reserved.