代表挨拶

究進塾をはじめたきっかけ

大学入学時から数えてこれまで22年間、家庭教師および塾講師の仕事をしてきました。

ただ、始めた当初はアルバイトの一つという認識でした。

実は、大学は自主映画制作に打ち込んでいた時期がありまして、当初は、その道で食べて行くことを目指していました。なので、大学卒業後は就職をせずに、週4日は塾講師のアルバイトで稼ぎ、残りの3日は映画制作や準備に充てるという生活を30歳くらいまでは続けていました。ですが、1年間かけてやっと完成した映画は自主映画のコンペに出しても入賞せず、頑張っても必ずしも周囲に評価されないギャップに苦しんでいました。一方、「ひとまず食べていくため」に始めた塾講師のアルバイトでは、準備して臨んだ授業で生徒から喜ばれたり、箸にも棒にも掛からなかった生徒を合格させてこれまで味わったことのない嬉しさを味わう経験も積み重なっていきました。そこでは、勉強は頑張った分だけ結果に結びつくという非常にシンプルな法則に基づいていることに気がづきました。同様に、教える際も、僕の頑張りが生徒の合格に結びつくという法則が成り立つことも分かりました。つまり、人間には向き不向きがあって、自分には教えることが仕事として向いていると思うに至りました。

もちろん、今も映画を見るのは好きですし、頑張りが必ずしも評価につながらない芸術の世界で結果を出している人々をリスペクトしてやみません。

究進塾をはじめたきっかけは、各科目に「これは!」という先生を集めて、思うように勉強が進まず苦しんでいる生徒さんを助ける個別指導塾を作りたいという想いからです。塾講師のアルバイトは、集団授業、個別指導の両方を経験しましたが、生徒一人一人にしっかり向き合って行くには、マンツーマンの個別指導が最適ということを感じていました。ただ、私が担当する化学だけは何とか成績は上がっても、他の科目が上がらず、結果的に志望校に受からないという例も多く経験しました。そこで、各科目によい先生を集めた個別指導塾を作りたいと思うようになりました。

最初の頃は特定の科目の先生がいなくてお引き受けできないケースもありましたが、2017年頃から、各科目に「この先生に教わりたい」という先生が揃ってきて現在に至ります。

指導方針

授業を受けて終わり、という授業だけの学習にならないよう、宿題の内容を細かく指示する。そして、授業前テストで宿題の密度をチェックする、という方針を持っています。

趣味

10年以上、細く長く続けている合気道と、小学生の頃からずっと好きな野球観戦(横浜ベイスターズ)です。でも、娘が生まれてからは、仕事以外の時間は娘と遊ぶことがほとんどです。

塾のモットー:四方よし

生徒さん、保護者様、担当講師、スタッフの四者がハッピーになることをモットーとしています。

メッセージ

究進塾は、大学入試や大学院入試、大学の定期テストの単位取得など、何かの試験を目標として、それに対して対策をして行くマンツーマンの個別指導塾です。ですので、学問の楽しさを伝える面と、試験で合格点を取るための現実的な戦略を伝えるという両方の側面を重視しています。そして何と言っても自慢は、各科目ごとに代表並木が「自分が生徒ならばこの先生に個別指導を受けたい」と心の底から思っている『個別指導のスペシャリスト』を揃えている点です。学習が思うように行かずに困っている方はぜひお気軽にご相談ください。

プロフィール

並木 陽児

代表プロフィール

1979年 埼玉県生まれ

1998年 私立巣鴨高校卒業

2004年 東京大学工学部建築学科卒業。建築家を目指して建築学科に進学したが、在学中に人に教える面白さと奥深さに気付き、卒業後は塾講師として8年間教鞭を執る。多様性ある学びのフィールドを社会に実現するべく、2010年に究進塾を設立。1女の父

 

© 2001–2021 究進塾 All Rights Reserved.