医学部受験(高卒生)コース

医学部受験コース
医学部受験を目指す高卒生のためのコースです。医学部受験生、中でも高卒生にとって志望校に合格するために最も大切なことは、毎日の自習時間を安定的に確保することです。現役受験時に目標校に合格できなかった高卒生の多くは、演習(=アウトプット)が足りていないことが多く、そのためには毎日少なくとも8時間、理想は10時間以上の自習時間を確保する必要があります。学校や予備校など、集団授業が中心だと、この自習時間の確保が難しいのですが、個別指導をメインに組み立てていく場合、個別指導は1日に多くて2コマ4時間程度、通常は1コマ2時間程度ですので、自習時間も十分に確保することができます。ですので、志望校までの開きがある方ほど、個別指導を中心に組み立てて行くというのが実は最も合理的なのです。当コースでは、医学部受験に熟練した講師が担当することで、どのレベルから開始すればよいのか、どういった教材が最適なのか、を見極めます。そして、授業はもちろんのこと、授業時間以外の自習の密度をできるだけ高めるべく宿題を細かく指示しながら進めて行きます。

※こちらは通常の医学部受験コースとなります。さらに細かい管理型の「医学部受験特訓コース」についてはこちらをご参照ください。

医学部受験コースの特徴

よくある受講生の受講パターン

開始時期は?

早い方は2月中旬(共通テストの結果、私大の前半の日程結果を受けて)、多くの方が3月中、遅い方は4月上旬です。

志望校は?

国公立大学、私大いずれもいらっしゃいますが、私大志望の方が多いです。

科目は?

英語、数学の2科目がメインですが、理科2科目(化学、物理、生物のうち2科目)を受講される方も多いです。

これまでの受講生の在学した(または卒業した)学校

開成高校、海城高校、秀明高校、頌栄女子学院高校、栄東高校

合格者インタビュー

小山さん

【合格大学】岩手医科大学医学部

1年間の浪人と4年間の仮面浪人生活の末、医学部合格を勝ち取りました。
Part.1 究進塾に決めた理由・上田先生の授業
Part.2 特異な経歴・仮面浪人か浪人か
Part.3 基礎的な教材に専念した
Part.4 模試の復習を徹底的に
Part.5 毎回の上田先生の授業が楽しみだった

目黒くん

【合格大学】浜松医科大学医学部、慶応義塾大学理工学部、早稲田大学理工学部、上智大学理工学部

担当講師による特別対策を通じて、化学の苦手分野(構造決定)を克服。過去問を解いた結果も講師と共有し、客観的な視点で勉強していきました。
Part.1 自信のなかった化学を伸ばすことができた!
Part.2 正誤問題のプリントの束をお正月の宿題に
Part.3 客観的に分析ができた物理

1週間のスケジュール(サンプル)

※あくまでサンプルです。実際は生徒さんのご希望と担当講師のスケジュールをすり合わせて決定致します。

料金

月額費用の御見積例を以下に添付致します。
(※実際は、生徒さんのご希望や予算に応じて授業を組むことができますので、サンプルとしてご理解ください)

個別指導の流れ

究進塾の個別指導は以下の流れで進めて行きます。

1.生徒さんの状況をヒアリング

お問い合わせ、無料体験のお申込み後、まずはお電話または来校していただいて、生徒さんのこれまでの状況を詳細に伺います。

そのために、教材、定期テスト成績表、模試成績表などできるだけ多くの情報を共有していただきます。

2.目標達成のための戦略を提案

目標達成に向けて、とるべき勉強法と講師をご提案します。「オリジナルプリントを中心に行う講師」「添削が得意な講師」など、様々なタイプの講師の中から、最適な講師をご紹介します。

3.体験授業

60分の無料体験授業を行います。体験授業前には実力を測るための「実力把握テスト」を解いていただくのが一般的です。

4.担当講師を決定(=入塾決定)

体験授業を受けて、講師を決定します。二人の講師まで無料で体験授業を受講することができます。三人目以降については通常授業料がかかりますが、気に入った講師に出会うまで体験授業を受講可能です。

5.お支払い

入塾金、最初の月の授業料(月の途中の入塾場合は当月+翌月分)、講師交通費をお支払いいただきます。

6.学習計画を作成

担当講師と事務局が相談の上、必要な教材、進め方を決定します。学校の教科書、準拠問題集を使用する場合もありますが、レベルや解答解説の充実度などから判断してさらに易しい参考書をご提案する場合が多いです。

7.授業スタート

個別指導の強みは「授業中に生徒の理解度を確認しながら進めて行けること」です。究進塾の指導ではここに最も重点を置いています。具体的には下記の3点を特に重視して進めて行きます。

➀生徒さんに説明をしてもらう
➁間違えた問題は類題を解いてもらう
➂前週の授業内容、宿題の内容を確認テストで測る

8.アンケート・面談

3カ月に一度、アンケートをお送りします。そこには授業の感想とともに担当講師および教務スタッフとの面談のご希望も記入する欄がありますので、面談をご希望の方はその旨をご記入いただけます。大手のフランチャイズ塾にはない強みが「親御様や生徒さんが気軽に相談・面談しやすい環境」と自負しています。この環境を生かして、できるだけ様々な情報を共有していただくことが究進塾を有効に活用できるコツです。

無料体験申込フォーム

© 2001–2022 究進塾 All Rights Reserved.