若林くん合格インタビュー2

崇城大学工学部宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻に合格された若林くんに究進塾代表の並木がインタビューしました。

英語について

並木:北田先生の英語を受講し始めたのは夏頃でしたっけ?
若林くん:7月からですね。
並木:確か英検を取らなきゃいけないという目標があったんですよね?
若林くん:そうです。英語はもともと東進で受けていて、一定の授業を受けたら英検の過去問に移る段階に高3の夏くらいから入ったんですけど、過去問になったら映像授業になって、それがあまり自分にはしっくりきませんでした。過去問はやっぱり1対1で教えてもらいたいと考えていたので、良い先生がいないかなって探していて、それで北田先生に出会いました。英検に受かったのは北田先生のおかげです。


並木:北田先生の授業の受講期間は短かったですけど、どの辺が良かったですか?
若林くん:短期間で結構なスキルまで上げてもらいました。
並木:それは具体的に何をしたんですか?
若林くん:長文とか。穴埋めの長文が苦手だったので。
並木:長文の中に穴埋めあって、埋めていくような?
若林くん:そうです。英検独特の大問2にあるような。
並木:題材は過去問を使ってたんですか?
若林くん:そうです。2015年から何十回分とやりました。
並木:宿題でも?
若林くん:宿題では2~3回分やりました。それで授業で解説をして、分からなかったり出来なかったところを北田先生と一緒に見ていくスタイルでした。


並木:〇つけは自分で?
若林くん:そうです。あとは、英検対策問題集が究進塾にあって、自分でも何冊か買ったのでそれをやりました。特に、語句はやり込んだので、当日はほぼ満点でした。
並木:それはすごいですね。
若林くん:あと英検はCBTで、紙媒体のようにスラッシュをつけたり線を引いたりっていうのがなかなか出来なかったので、自分でスキャンした問題をUSBに入れて、自分のパソコンや究進塾のパソコンを使って模擬でやっていました。
並木:書き込みができないですもんね。
若林くん:そうなんですよ。CBTの形式に慣れる必要があったので。
並木:北田先生は指導で良かった点は何かありますか?
若林くん:東進の時はアプリ上でレベルが分かれていて、毎日単語を3つずつっていうのがあったんですけど、上級になってセンターレベル以上の単語になってくるとそのアプリが存在しなくなっちゃうんです。
並木:そうなんですね。
若林くん:システム英単語レベルのシステージ2くらいからの単語は本でやらないといけないんですけど、やっぱり自分でやるのは本だと楽しくないし、なかなか覚えられないしで面白くなかったんですけど、北田先生は確認テストが1週間に1回あって、「この期間にこの問題をやってきて」っていうやり方だったからできたんじゃないかなと。

© 2001–2020 究進塾 All Rights Reserved.